【 SHISEI ごはん】わんぱく姉弟が粉からこねる /てづくり夏うどん

こんにちは、商品企画の小村です。

我が家には 9 歳の娘と 5 歳の息子がいます。
休みの日になれば、朝から「遊びたい!!公園に行きたい!!」と叫んでいます。
遊び盛りの彼らにとっては、雨の日や猛暑の日など外に行けず、お家の中で過ごす時はとても退屈なご様子。

今回はそんな子どもたちと、お家時間を充実させる「てづくりうどん」に挑戦しました。
初めて作る子どもたちは「テレビで見たことある!!踏むんやろ!?」と、始める前からワクワク。

ボウルに小麦粉を入れて、こねるところから。
不安ながらも全て子どもたちに任せてみることにしました。

息子の小さな手でこねられていく小麦粉。
最初はどうやっていいかわからず、砂場で遊ぶようにお山を作って小麦粉の感触を楽しんでいました。
要領をつかんで、こね始めたら力みすぎたのか、指の隙間から「ぷっ」とオナラのような音も出てしまったり…
ゲラゲラ笑いながら楽しんでいるようでなにより。

しっかり者のお姉さんは、力強くキレイに粉が無くなるまでしっかりこねてくれました。

こねた小麦粉を袋に入れて、いよいよ踏み込む工程へ…
踏む時には、 2 人ともテンション MAX!!
上に乗ってジャンプしたり、踊ってみたり、ふざけすぎてコケることもしばしば。

あまりにも力強く踏みすぎて、袋からはみ出てしまう場面も…
慌ててもう一枚袋をかぶせて、約 30 分ほど汗をかきながら踏んでいただきました。

それから一晩寝かせて次の日に、最後の仕上げ。

テーブルにビニールを引いて、綿棒で延ばしていきました。
どうなっていくのか想像もできない息子は、言われるがままコロコロと綿棒を転がしているだけ。


お姉ちゃんはしっかり伸ばして、「あっ、太くなってしもた~」なんて言いながらも、包丁で慎重に切ってくれました。

暑い夏におススメの、大人はさっぱりすだちおろしうどんで、子どもたちは釜たまうどん。

みんなで作ったうどんは美味しいな~と会話も弾んだ昼食でした。

レシピ

今回作ったてづくりうどんのレシピをご紹介します。

【材料】( 3 ~ 4 人分)

(うどん麺)
・小麦粉(強力粉)…500g
・水…250cc
・塩…適量
・片栗粉(打ち粉)…適量

(すだちおろしうどん)
・出汁醤油…100cc
・水…300cc
・すだち…2個
・大根…1/3
・ねぎ…適量

(釜たまうどん)
・出汁醤油…適量
・卵…1個
・鰹節…適量
・ねぎ…適量

—————————————————————————————–
【つくり方】

(うどん麺)

  1. 小麦粉(強力粉)に塩を加えて混ぜます
  2. 水を少しずつ加えてこねます
  3. ビニール袋入れて足で踏みます
  4. しばらく寝かします(我が家は一晩寝かしました)
  5. 打ち粉用の片栗粉を振りかけて綿棒で延ばしカットしていきます
  6. たっぷりのお湯で5分ほど湯がき、ザルに返してから冷水を流しながらよく洗います。
  7. 水を切ればうどん麺の出来上がり

 

(すだちおろしうどん)

  1. すだちを2/3ほど輪切りにカットし、1/3は皮をおろしておきます。
  2. 大根おろしを作ります。
  3. 出汁醤油を約 3 倍に薄めます。この時大根おろしの水分を入れて薄めると風味が増します。
  4. 麺を盛り付け出汁を入れて、大根おろしと輪切りにしたすだちと、ねぎを盛り付けます
  5. 1/3のすだちを絞りかけ、すりおろした皮も振りかけて出来上がりです。

 

(釜たまうどん)

  1. 麺を盛り付け卵を盛ります(全卵でも黄身だけでもOK)
  2. ねぎと鰹節を盛り付け、出汁醤油をかければ出来上がりです。

 

これからの長期連休など、お家時間を充実させるひとつとして、ぜひ皆さんも作ってみてくださいね。

▶︎▶︎今回使用した器こちら


私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの企画製造メーカーです。製品や仕入れに関する疑問などは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
さらにサイトでは、常時 3 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

【一般の方も直接お買い物ができるようになりました】

▼サイトへは下記からどうぞ
SHISEI online shop