【SHISEI の、いいもの】レザースリッパ WAXリネンステッチ

SHISEI が考える、いいもの。

私たちの日常は、2020 年を境に大きな変化を迎えようとしています。
以前のように好きな場所へ自由に出かけたり、親しい人たちと気軽に会えるのが当たり前だった日々は、今となってはなんだか遠い過去のようにも感じてしまいます。代わりに自宅で過ごす時間が増えたこともあって、小規模で身近なコミュニティーの中でどう心地よく過ごせるかが、日々の暮らしでとても重要なことになってきました。

そこで私たちは、自分たちにとっての心地いい暮らし、そして、私らしいライフスタイルとは一体どんな暮らしなのかをこれまで以上に考えるようになりました。体に触れるものや目に映るもの、耳で感じる音、匂い、口にするものそれらすべてが、私たちの日々の暮らしを豊かにするための大切な要素だとしたら?

これからの時代に、SHISEI がお客様へお届けしたいコンテンツ。
それは日々の暮らしをすこしでも豊かにしてくれるような、五感を刺激するいいものをたくさんご提供していくことだと思っています。「SHISEI の、いいもの」では、私たちが考える、暮らしを豊かにしてくれる名品たちをご紹介していきます。そしてみなさんとご一緒に、これからのいいものも考えていけたらと思っています。


見た目と作りにこだわった優等生スリッパ

スリッパは、暮らしの中でとても身近な日用品です。毎日目にするのはもちろん、直接肌に触れる機会も多いだけに、見た目や使い心地などにこだわる人も多いアイテム。単なる消耗品としてではなく、なるべく自分に合ったタイプをきちんと選びたいものです。

スリッパはもともと、まだ開国して間もない明治時代に、訪日した西洋人が土足のまま屋内に入り込んでしまうのを防ぐために作られたそうです。しかも当時はまだ靴の上から履くタイプで、なんとも仰々しい見た目だったようです。
それから 150 年程が経って、今では私たち日本人の方にすっかり馴染んでしまっているだなんて、当時の人たちは想像もしていなかったでしょうね。

SHISEI で定番品となっているこちらのレザースリッパは、天然の草木染めを施したバッファローレザー(水牛本革)で作られています。水牛の革は丈夫で傷つきにくく、水にも強いのが大きな特徴。そのぶん他の革と比べると最初は硬さを感じますが、しばらくすると柔らかくなって足に馴染み、長く履き続けることができます。SHISEI でも愛用しているスタッフは 5 年以上経っていることが多く、10 年選手も珍しくありません。それぞれ革の風合いや表情に微妙な違いが出ていて、とても良い雰囲気に仕上がっています。

ソールには肉厚の革を 2 枚重ねており、かかと部分にはさらに高さをつけ、堅牢性と歩きやすさにも配慮しています。縫製は丈夫なワックスリネン(蝋引きされた麻糸)を使って、ひとつひとつ職人の手で縫い上げています。だから、ちょっとやそっとのことではへこたれません。しかもこのスリッパは丈夫さだけではなく、見た目の美しさにもこだわりました。

足の形に沿うようなシルエットと、曲線を描きながらやや反り上がったつま先。底面に縁取られたステッチは、ハンドメイドならではの不均一さが味わい深い印象に仕上がっています。そして草木染めを施したレザーは、年月の経過とともに深い色味へと変化しつつ、自然でなめらかな艶を帯びていきます。

年月の移ろいとともに革の風合いが増し、自分の足に馴染んだ唯一無二の形状へと育っていくこのレザースリッパ。そうなる頃には、すっかりインテリアの一部としても欠かせない存在になっています。艶のある独特の光沢感も、ゆっくりと落ち着いた表情へと変化していきますので、毎日使っていても飽きることがありません。しかも履いているだけで良い感じの雰囲気に育ってくれる、手のかからない優等生。たまにオイルを塗り込んであげれば、さらに長く一緒に過ごせるようになります。同じものを長く愛し続けること、それは環境問題への身近な取り組みでもあると私たちは思っています。

▶︎▶︎ レザースリッパ WAXリネンステッチこちら


私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの企画製造メーカーです。製品や仕入れに関する疑問などは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
さらにサイトでは、常時 3 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

【一般の方も直接お買い物ができるようになりました】

▼サイトへは下記からどうぞ
SHISEI online shop