内見会は私たちにとっての開幕戦

こんにちは。スタッフの山内です。
私たちは毎年 4 月から 5 月にかけてがちょうど春夏の繁忙期にあたるのですが、お陰さまで今年もなんとか、あわただしい初夏を迎えることができました。今回は、そんな私たちがこの季節に行っている大切なイベントにまつわるお話です。

内見会とは?

SHISEI では毎年、春夏・秋冬の 2 シーズンに分けて新作をリリースしています。そしてお取引先のバイヤー様向けには、「内見会」と呼ばれる自社展示会が新作をお披露目するタイミングとなります。
私たちメーカーは、こういった内見会でバイヤー様から先行予約、前注文と呼ばれるオーダーをいただき、それらの受注数や来場者様の反応をもとに、各アイテムごとの生産数を決めています。ですので、内見会は実際のシーズンが始まる約半年前ぐらいには開催しています。ちょうどこの 4 月上旬に内見会を開催しましたが、展示内容は今年の秋冬コレクションでした。春夏シーズンの内見会であれば、大体 9 月下旬頃に始まるようなイメージです。

内見会の期間は、本社のある大阪と東京営業所にてそれぞれ約 1 週間ずつ、それを 1 シーズンに 2 回行います。その都度、何百人というお得意先の方々がわざわざ会場に足を運んでくださるため、私たちスタッフにとってはとても力の入るイベントとなります。そして、この日を迎えるためには実にたくさんのスタッフが関係しており、それぞれの舞台裏ともいうべき熱いドラマが…というよりは、ただのドタバタ劇ともいえる熱いエピソードがいくつも存在しているのです。

それぞれの舞台裏

たとえば新作の企画は内見会の 1 年近く前から始まり、デザインを起こしてから何ヶ月も生産工場とやり取りを重ね、修正を繰り返しながらようやく本番サンプルが出来上がります。その後も息つく暇はなく、今度は 1 ヶ月程の短期間で撮影から編集までをこなしてカタログに仕上げなければならず、それぞれの締切には 1 日単位の遅れも命取りになるような日々が続きます。
さらには事前のアナウンスや当日のお土産の手配はもちろん、時には思わぬハプニングに見舞われて「これ内見会に間に合うんかいな…(本社は関西弁)」と冷や汗をかくシーンがあったり、会場ディスプレイがうまくまとまらず、前日の夜遅くまでかかってみんなで仕上げるなんてこともあります。

ここまではプロローグ

そしてこの内見会を皮切りに、これから約 1 年近くにわたる新作販売が始まることになります。いわばここからが本番。内見会までは序章、プロローグに過ぎません。
すこし大げさですが、プロスポーツ選手が開幕シーズンまでにトレーニングや準備を何ヶ月もかけてしていくように、私たちも内見会までに何ヶ月もかけて準備を整えていきます。そしてひとたび内見会が始まれば、プロスポーツ選手が勝利とエンターテイメントにこだわるように、私たちも多くのバイヤー様、一般のお客様に買って喜んでいただけるように全力を注いでいきます。
ですから、今後の長いシーズンを占う意味でも、内見会は私たちにとっての開幕戦だと思っています。
内見会当日はスタッフも冷静を装っていますが、実は心臓をばくばくさせながら当日を迎えていますので、そのあたりの表情もご来場の際は楽しんでいただけたらと思います。

内見会にまつわるさらに詳しいエピソードは、これから数回に分けてお届けしていきます。
それぞれの舞台裏をどうぞお楽しみに!
そして今後の内見会にも、ぜひお気軽に足を運んでいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの企画製造メーカーです。製品や仕入れに関する疑問などは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
さらにサイトでは、常時 3 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

【一般の方も直接お買い物ができるようになりました】

▼サイトへは下記からどうぞ
SHISEI online shop