リューズガラスのフラワーベースを製造する雑貨メーカー、SHISEIHANBAI

雑貨メーカーのスタッフが語る。仕入れお役立ちコラム。
雑貨メーカーのスタッフが語る仕入れお役立ちコラム

フラワーベース(花瓶)で今注目されている「 リューズガラス 」とは?

ヴィンテージライクな風合いが感じられる素材感、流れるようなシルエットとラインが美しいガラス製品。再生ガラスでつくったこの製品を、私たちは「 リューズガラス 」と呼びます。
毎年オリジナルデザインの商品をリリースし、雑貨仕入れサイトSHISEIHANBAI でもロングセラーの人気雑貨アイテム。

リューズガラスは普通のガラスではあらわすことのできない、特別な存在感を持つ素材。
雑貨業界ではモノ選びにこだわり、暮らしを楽しむ方にファンの多いインテリア雑貨アイテムです。

手作業でひとつひとつ形作られる

流れるようなラインがリューズガラスの特徴
流れるようなラインがリューズガラスの特徴

志成販売(しせいはんばい)では、ほとんどの製品をひとつひとつ手作業で作ります。

リューズガラスは炉の中で溶かしたガラスを竿(さお)ですくい取り、型を使って形を整えながら空気を入れて吹く「型吹き成形」という技法を使って生産しています。

口の部分の盛り上がった箇所などは、吹き竿(さお)からガラスをカットした後の熱処理時にガラスが流れてできるもので、これもまた吹きガラスならではの特徴です。

リューズガラスはサイズや容量、重量に若干の差、形状の違いやゆがみがあるなど、手作業でしか生まれない人の手の温かさを感じられる製品。

また、 ベーシックなデザインにしていますので、キッチン雑貨ではコップやワイングラス、インテリア雑貨ではフラワーベース(花瓶)など幅広いカテゴリで展開しています。

▼詳しくはこちらの記事でもご紹介しています▼

リューズガラスとは?サスティナブル(持続可能)な未来へ

リューズガラスはどんなテイストにもフィットする?

リューズガラスで作られたグラスやピッチャー
リューズガラスで作られたグラスやピッチャー

リューズガラスはさまざまなインテリアシーンにも合わせやすく、使う人の好みにフィットする万能なインテリア雑貨アイテム。

シンプルですっきりとした北欧テイストから、畳があるような和のテイストにもしっくりと馴染みつつ、空間に溶け込んでさりげない存在感もあります。

こだわりあるショップでも商品展開していただきやすいアイテムです。

SHISEIHANBAI では、リューズガラスで作られたキッチン雑貨、インテリア雑貨を50種以上の品揃えで仕入れ販売をしています。ぜひご覧になってみてください。

ナチュラルな暮らしをご提案する志成販売の卸・仕入れサイト SHISEIHANBAI
雑貨仕入れサイトSHISEIHANBAI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です