【スタッフブログ】ステイホームのワクワク探し

こんにちは、スタッフの櫻井です。

ステイホームが始まって、2度目の夏が近づいてきました。我が家ではDIYやお家アウトドアなど既に一通りに手を出していて、そろそろネタ切れ状態。何か少しでも夏を感じられるようなワクワクすることが出来ないか…と考えていたそんな時に挑戦した、あることがあります。

それは「家庭菜園」です。

きっかけはチューリップ

きっかけは今年のはじめに、私の母が「〇〇ちゃん(私の息子)と一緒に植えてね」とくれたチューリップの球根でした。

普段から観葉植物は好きでよくお店に見に行ったり定期的に新しいものを迎えたりしていたのですが、一から種や球根を育てるのは小学校の夏休みに植えた朝顔ぶりで、とても新鮮でした。

いつも保育園の帰り道に花壇のお花を見るのが好きな息子は、やはりチューリップの球根にも興味津々。まだ肌寒い春のはじめにゆっくりと顔を出した芽に気付き、週末になると小さいイスを自分で運んできては「おはなまだかなー?」と眺めていました。

そしてあたたかくなり鮮やかな黄色のチューリップが咲いた時には、もう大喜び!この姿を見て、「植物の成長を楽しんだり観察するのっていいな」と感じ、次は実がなったり食べられるものを育ててみたいと思うようになりました。

まずは野菜選び

本やネットで初心者向けだと紹介されていたのと、普段野菜の好き嫌いが多い息子もよく食べていたこともあり、我が家の記念すべき家庭菜園デビューは「きゅうり」に決まりました。

とは言うものの、今まで何度も植物を枯らしてきた経験があり、本当に初心者でもうまく育てられるのだろうか…と不安まじりのスタートでした。しかしそんな私たちの心配をよそに、“見るたびに”と言っても過言でないほどの目覚ましいスピードできゅうりはぐんぐん成長していきました。

夏には食べられるかな~なんてのんびり考えていましたが、4月に苗を植えて1か月ほどすると、既にきゅうりの赤ちゃんがたくさん!そこからは本当にあっという間で、いつ収穫しようかななんて思っていたら週末には成長し過ぎてしまっていたほどでした。

手のひらに載るほどの小さな苗からこんなにも早く収穫の日を迎えられるとは思ってもみなかったので、本当にびっくり。そして感動でした。

土曜日の朝に家族みんなで収穫し、そのまま朝ごはんに。採れたてのきゅうりがサボテンのようにトゲトゲしていることや、スーパーに売っているきゅうりのようにまっすぐではなくいろんな形に育つことも初めて知りました。

息子も大興奮だろうなと思っていたら、「いたい!」「くさい!」(青臭さなのか?とてもくさがっていました)と予想外の反応…

それでも洗ってトゲを落とし、いつものように細く切ってマヨネーズを付けてあげると「おいしい!」と喜んで食べていました。大人たちはシンプルに塩と、最近ハマっているマヨネーズ×ほりにし(20種類以上のスパイスがブレンドされたアウトドア用スパイス、ご存じですか?)を付けていただきました。

採れたてのきゅうりは本当に瑞々しくて、自分たちが育てたと思うとおいしさもひとしおでした。

そんなこんなで、我が家の夏のワクワク探し第一弾の感想は、満場一致で「…家庭菜園、最高!」
まだまだ次のきゅうりが収穫を待っていますが、既に今度は何を植えようか、次に向けて動き出しています。

みなさんの夏のワクワクアイディアも、ぜひ教えてください♩


私たちは、天然素材を中心としたインテリア雑貨・ファッションの企画製造メーカーです。製品や仕入れに関する疑問などは、弊社運営サイトよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
さらにサイトでは、常時 3 千点以上の豊富なオリジナル商品が年会費無料でお仕入れ可能です。ぜひチェックしてみてください!

【一般の方も直接お買い物ができるようになりました】

▼おすすめのガーデンアイテムをご紹介しています。
植物と暮らしのエピソード

▼サイトへは下記からどうぞ
SHISEI online shop